いつの間にか梅雨に入り、地球温暖化の影響か梅雨の合間も
暑い日が多く、ちょうど良い日はどこへ行ったやら。
もう随分前から日本中のそこかしこで見かけるウォーキング、
上下ジャージ姿から、エプロン姿の人までさまざまである。
最近お店を始めて浜松の真ん中に来てみると、旧松菱前の地下歩道は
無くなり、歩道が広くなっている。
なんでも、とある市外の人が「駅から市役所に行くのに、いったいいくつ
の地下歩道を渡れば良いのか」と苦情を言ったとか。
地下街があるわけでもなく、ただ車道を渡るだけの上り下り、確かにそうだ。
浜松の人の感じない事を外の人は感じている。変だと。
それで無くなったのか。
そこで気づく、街の中って知らない間に歩いているって。
決まった池の周りを2周、、、なかなか大変である。
街の移り変わりを見たり、ビル風に当たりながら日陰を探しての
散歩(ウォーキング)もお勧めだ。こんな所にこんな店、こんな路地。
なんて歩いているうちに nozaki にたどりついたり。
閉じる
鍛治町 nozaki  野崎秀行
若者では無い、ある程度の年齢の人にお勧めの街中ウォーキング、
さて、今日はどこでお茶にするかな?
nozaki
散策