nozaki
人が我慢をしない分、地球がどんどん暖まって
これから先の人が、どれほどの我慢をしなければ「生きていけない」ものか
子供には 「我慢しなさい」
このところ、暑い日が戻ってきた。
37℃を越す温度にはびっくりである。
しかも、これが決められた観測する場所の、例の白い箱の中での記録である。
当然アスファルトの上などは50℃近く、もしかするとそれ以上なのでは
ペットブームも続いていて、小型犬の散歩風景を見かける、が
ちょっとびっくりなのは、昼間のあの暑い中を。
自分の子供は可愛いと言い、自分の孫はもっと可愛いと言い
でも、その先の見えない子孫の事を
本当に大切に思っているのだろうか。
つれて歩く方も大変なら、
つれて歩かれる方は、その50℃の地獄の上
昔から子供の目線でと言って、かがんでみると大人に見える物も
子供には影すら見えない。
この場合、足首辺りに手をかざし、子犬の目線(体感)を感じてみれば。
戻れば習慣のように入れるエアコンの前に
窓を開け、うちわでパタパタしてみましょうか。
我々も、先の人の我慢をちょっと前倒しして協力しなければいけないのでは
家の中を涼しくする為、外に熱を出す。
車の中を涼しくする為、車外に熱を出す。
どちらも近くに寄り付けない。
昔、車には三角窓が付いていて
そこを通り入ってくる風の気持ちよかった事を思い出す。
閉じる