手を上げる
降参、参ったよ と、言う訳では無く手を上げる

先日バス停でこの「片手を上げて」やって来たバスに「私乗ります」の
意思表示をしている光景を見ました
『絶対これだよ』と思うのは私だけか

確かにこの辺りのバス停は一路線のバスしか止まらない所が多いので
待っていれば「乗るのかな」と何となく解るのではあろうが

しかし「私乗ります」という意思表示してあげるのが運転手さんへの思いやりだと思うし
乗せてもらいます、という気持ちも大切
お金払うんだから、よりも

同じように横断歩道のそれはもっと必要だと思う

もうずいぶん前のことになりますが
何やらこちらを見ながら横断歩道辺りで立っているので、車のブレーキを踏み車を止めた
すると、私関係ありませんからとばかり背を向ける

何だ知り合いとの待ち合わせか、と車を走らせたのだけれど
横断歩道を渡らないのなら渡らないで、意思表示のしようもあろうにと

若い頃東京で横断歩道を渡ろうとしている人を無視して通り過ぎると警察官に捕まるぞ
という先輩のありがたいアドバイスが今も生きていた

だから横断歩道の手を上げて「私道を渡ります」の意思表示は必要だと思うのです
喧嘩をしているのではないのに「止まれよな」とばかり鋭い眼つきで見られても
気づかない人には解らない

○○ビルはどこでしょうと尋ねたその向こうに
○○ビルと大きく書かれた入口がある事などもよくある話で

幼稚園児が友達と手をつないで先生の後についてお散歩する時には必ず
「横断歩道は手を上げて」ではないか

何歳以上は要らないルールでもないはず
何か端折ることがカッコイイみたいな感じなのは
一時流行った業界言葉のように短くて逆さ言葉が
まるで業界人にしてくれたような錯覚?と同じか

所詮子どもなのかもしれない

大変な思いをしてすることでもなく、軽く片手を上げる
その気持ちが大切
自分では自分の意思は解っていても、あなたの意思は他人には解らないのだから

そして止まってくれたのなら、聞こえなくても「ありがとう」が良いですね
小中学生の「ありがとうございましたぁ〜」ほどでなくとも

これから自分もあのバス停の人のように手を上げよう
そんな意思表示の仕草も人を思いやる粋な大人でなければなどと思いながら

閉じる