よし書こう
ここに書くのは久しぶりです
2月よりブログを始めそちらに書いているからという訳ではないのです

そろそろ書こう、と思っていた時あの(あのと言うともう過去のようだけれどまだ進行形)
東北沖大震災が起きた
その後地域は広がり名称も変更されることになる
そして+アルファがさらに苦しめる
言わずと知れた原子力発電所の事故である
引き金は同じでも、準備、その後の対応を見ていると震災と別物と考える

ここではその是非は問わない
原発廃止の運動やデモも行われているが
現在の70%の電力で生活でき温暖化が止められるならばそれは良い
ダメの先のこうして実現しようが欲しい

震災の記事を見聞きするたびに涙ぐんでいる自分がいる
それは震災のことだけでそうなるのではなくいろいろな思いや状況がある
そちらの要因のほうが私にとっては大きいのではあるのだが
季節がら今年の花粉症は目に来たので、そのせいだと人にはうそぶいているが
あの映像などを見ると自然と涙がにじんでくるから仕方ない

そんな中今日、吉田拓郎と坂崎幸之介(アルフィー)がチャリティーラジオ番組をするという
(4月18日午後7時より5時間のオールナイトニッポンGOLDスペシャル)
その記事の中で拓郎さんがチャリティーソングについて「作れないですよ」と即答
さらに
「東京でおびえている環境。今音楽をやれるのは勇気のいること。できる人はすごいけど
僕程度の勇気だと誰に頼まれても書く気にならない。余震、原発、風評被害。
自分がへしゃげている」と言う
同じなんだ
私には、なんとなく大きなものに押さえられているように動けないような気持ち
他人事と割り切っていられないのかもしれない
死と向き合ったあの人でさえそうなのだから と

何か書いてみようと思いました
お店のコラムで個人が出すぎると思いつつもいつも個人的なものが多いこのコラム
楽しいことやしゃれたことを書ければ良いのだけれど
決してそう容易く「がんばれ」は言えない
何をするかは被災地の人が十分考えて悩んでいるだろうから

誰もが見られるようになっている TUNAMI の映像だけれど
しっかり見せて次に繋げなければと思います

死と背中合わせのあの中の人を生かすためにも       合掌

閉じる