nozaki
人間にもお賽銭
今年の正月三が日の初詣と主な行楽地への人出状況を警察庁がまとめた
神社仏閣へは昨年より121万人多い9939万人で1974年以降最多だったとか
主な行楽地へは343万人でこちらも昨年より4万人多い(調べを始めたのが1974年)
閉じる
神社仏閣の1番は明治神宮で319万人、単純に1日100万人強ということだが
三が日24時間お参りがあったとして1時間4万4千人、1分間に730人、1秒12人
まさに不況を払う神頼みなのか
この人達があげるお賽銭はどのくらいなのか
今何が求められているのか?
可能なだけで良いので買い続け、使い続けることだと思う
バッグシリーズ
大きく開くビジネスバッグ
パソコンの出し入れにも便利
軽くて丈夫なソフトピッグスキン
を使用
がしかしここで冷静に考えてみると、
(勿論神社仏閣も大切なのでお賽銭の是非を問うつもりでは無いのです)
神に頼むばかりではなく
神に頼んだのと同じ分だけ消費するためにお金を使って
人間達に回ってくるようにしなければいけないのではないかと
改めて思うがいかがか
今やちょいと前にあんな高かったガソリン・小麦粉等々が随分値下がりして
あれは何だったんだとばかり
むろんスーパー各社の負の連鎖による安売り合戦も要因ではあるものの
このお賽銭以上のお金を、何かを買うことで使ってみてはどうだろう
今は少し買い物をする時なのでは?
あの麻生さんまでもが給付金を貰って使いましょうと言っている
たしかに、今の不況は心配ではあるが
昔『ジャパァ〜ン♪』と歌った郷ひろみが『2億4千万のひとみ』と言っていたので
1億2千万人の住人がこの国にいるとして
一人1000円使えば、1200億円の経済効果となる
すこしは景気が上向くか
*やはり全ての業界が不振ではないです。
 ほぼ定価販売のコンビニ業界はたばこのタスポ効果で増益なのだと
 (コンビニではタスポがいらない、そして「ついで買い」効果があるそうな)
 それに比べると少しでも出費を少なくと考える主婦の努力には頭が下がります。
*クリックすると拡大画面をご覧になれます
その昔石油ショックでトイレットペーパーに群がり買い求めた人達が信じたものは
テレビでの不安を掻き立てる報道
その後終ってしまえば、何事もなかったようにだが
あまりに先を急いだ報道に踊らせた責任の謝罪もなかった