nozaki
定位置が
4月も三分の二が過ぎた
そろそろ29日から始まるゴールデンウィークが待ち遠しい人も多いはず

で、その中には慣れない早起きの通勤や仕事の気苦労も多い新社会人もいるのでは

新入生もいるのですが、あの通勤ラッシュを戦い抜いているのはやはり新社会人

ずいぶん昔 渋谷で仕事をしていたのですが、その時の小生は新社会人1年生
ありがたいことに通勤は、3階から階段を下り一度地上へ
それから事務所のある2階へと通勤時間わずか1分の好条件

「あまい新人だったよなぁ」と思い出す

しかしタイムカードは『セーフ』と言われるほどの5分前の攻防の日々
今となれば大人の意識も無い生活と反省するのだが

そんな中決まってこの4月になると事務員さんが「この時期は疲れちゃうわよ」とぼやく
なんでも先ほどの、新社会人の慣れない通勤は
諸先輩からも疲れる行動になるのだと

通勤ラッシュを知らぬ者には解らないことなのだが
通勤の電車やバスには『いつもの』があるのだそうだ

バスに乗って駅まで行き、電車に乗って乗換駅で乗り換える
大勢の人がまるで一つの生き物か波のよう動く

バスに乗ると知った顔、電車のホームもこの場所にはあの人この人
そして乗った車両のこの場所にはあの人達が先に乗っている、と

毎日の同じ時間帯を動く人々は決まっていて
暗黙の了解のように各人の『定位置』があるそうなんだと

ところがこの時期、新人さんが定位置を求め動き回り入り込んでくる
それがひと段落するのがゴールデンウィーク前後なのだと

ですからゴールデンウィークを待ち望んでいるのは新人さんばかりではないのだとか
「もういい加減に決めてよ」と思っている先輩達も
この休みで発散したい、と聞いたことを思い出した

もう昔のことだけれどラッシュの無い生活は夢のようで
たまの早出でラッシュの中をお得意さんに行くときは
持った鞄を手から離し「本当に持たなくても落ちないや」などと一人薄ら笑いをし
心の中で「毎日ご苦労様」と周りの人に言っていたことを思い出す

きっと今でも同じ光景が繰り返されていることなのだろう
バッグシリーズ
昔こんな鞄を持って仕事を
したかったなぁ・・などと。
閉じる