nozaki
1年
以前桜を見る回数のことを書きました(コラム 春の回数)
人生を通じて桜を見られるのは80回前後かと

最近テレビで、桜では無いのですが同じようにあと何回(何年)出来るのだろう
と言っているのを聞いた、ああ、同じ様な感じ方をしている人がいるのだと
                             (ただ年を取っただけのせいなのか)
人の生活は、ローマ時代そのもっと昔よりそんなに変わっていない

歩いて行くが馬車になり自動車や汽車電車になり
丸太の船が蒸気機関、エンジン機関になって
大西洋やユーラシア大陸を渡る船や車や汽車に飛行機が加わったくらいで

服装も「裸に葉っぱ」から衣類になり
そうローマ帝国以前の人も今の人も靴をはき衣類を着ていた
何も変わっていない

昔見たマンガのようにカプセルに入ってスイッチを入れると
はるか遠くの国のカプセルがガスでくもり、次の瞬間カプセルを開けて人が現れる
そんな風になれば変わったなあと思うようになるのかもしてないが

ちょっと前の人が受話器から人の声を聞いて電線を押さえたり
テレビの中の人を裏に回って探したように (それでもただ生活の手段の一つ)

だから人の生活は何も変わってはいない、食べ物を食べ・寝・起きて・働き・遊ぶ

そんな中相変わらず人類は人殺しをやめない、争ってその相手を滅ぼしてどうなる
世界中そんなことを繰り返した歴史は数あるが、だからと言ってその前と何も変わらない
もうそろそろ気づくべきではないのか、そのことに

新インフルエンザの感染者も300人を超えた日本
この新インフルエンザのワクチンを若き韓国人研究者が発見?したのはもう半月以上前か
彼はその成果を世界中に提供するという

そのような人から見れば殺人や内戦や戦争など争いごとをしている人々のことは
バカにしか見えないことだろう
一方で人を消し、一方で人を永らえさせる努力をするなんて

正義とは名ばかりで兵器産業を支えそれに従事する人を支えるために争うのか

インドが国防費を増やすという、いったいどこから国を守るのだろう
国連で笑顔で握手するその相手の国からなのか
一国民が戦わずとも、一度各国の国防大臣たちが素手で殴り合ってみたらどうだろう
自分達は核も防げるシェルターの中にいるだけではなく

インフルエンザもこれから冬に向かう南半球で注意が必要と言うが
ここ日本は暑さも増し、気づけば来月はもう京の祇園祭

あっという間の1年もあれば、長かったなという1年もある 今年はどちらだったのか
平和ボケと言われても良いから『ツンツンツクテン』と祇園祭を楽しもう
1年の生活を楽しもう、インフルエンザの心配は五山の送り火の後にして

    * nozaki は6月から2年目に入りました、ありがとうございます を心より 感謝。
たまには海へ
ここは浜名湖
モザイカルチャー
(立体花博)も
この秋始まります。
閉じる