nozaki
若気の至りを背負わせる前に
もうずっと昔から思っていた事なのですが
アメリカをお手本に進んできたこの国はやはりアメリカの後を追ってきてしまっていて
そのうち経済的なことや殺人なども同じようになっていくのではないかと

日本はアメリカの低賃金出先工場の様にアメリカ社会の為働いてきた
その技術力を日本の製品に盛り込み今度は本家のアメリカ市場を狙っていった
西洋文化といろいろな技術を学びアメリカの資源を活用して

まったく同じようにアジアの国々へ低賃金を求めシフトしていくことになって
この辺りのヤマハやホンダの下請けは「海外にシフトする付いて来るか」と決断を迫られた
そしてそれはアジア諸国の技術力や品質を高めるために多いに貢献することになる

その結果現地の賃金の高騰につながり
安い製品の入荷となり苦しむことになってしまう
そして生産を日本国内に戻すものとさらに低賃金の国を目指すものに分かれてゆく
                更新6月25日*赤字部消し忘れです飛ばしてお読み下さい
農業などはもっと深刻で国内が高いからと広い大地と低賃金を求め中国へ出て行く
結果アメリカなどを含め中国産品無しでは1週間も持たないと言われるまで依存する

けれど産業や農業だから・・・・

そしてつい先日「もう殺すしかない」と高校3年生が高校1年生を計画的に殺害した
たかが女子高校生をめぐっての恋愛でだ、まるでドラマかマンガか映画のように

近頃安易に人を傷つけたり殺したりが多くなったと思うのは気のせいか
これで銃社会ならば・・・、ずいぶん前から悩み続けるアメリカといっしょではないか

痴漢や盗撮・児童ポルノなどの性犯罪も多くなった、大学生による集団レイプなども
大麻草の栽培もあった

ずっと前から心配していたように社会はお手本のとおりに傾いている

勉強さえできればよいと言う社会風潮も悪いのだと思う
少子化の前に荒稼ぎ的な子どもの教育を食い物にする関連産業も考え物だ

心や精神を落ち着かせてゆとりをあげなければ、子どもにも親にも

何でもかんでも「みんなで渡れば」的にそろって学習しないといけないならば
『その後』についても、学校で教えるべきである

少し前のTVで麻薬患者の更生についてやっていた
ほんの少しの量だったが数年たった今も体の震えが出たり泣き出したりして立ち直れない
またある番組では刑務所から出ても職に就けず苦労している姿を放送した

両方とも自業自得なのだが、このような顔を公表した人達に協力してもらい
『これをしたらどうなる』を年齢に応じて学校などで放送や講演してもらってはどうだろう

自業自得になってみなければわからない人が多いゆえ
若気の至りで済まされるものと済まされないものの判断も甘いゆえに

お手本はお手本として悪いことに向かいそうならば向かう前に策を講じる
それがお手本の使い道ではないのか
物まねのようになどって行くだけならばこの国に良き光は当たらぬと思うがいかがか
*クリックすると拡大画像をご覧いただけます。
閉じる
バッグシリーズ
革のしなやかさを生かした
シンプルなデザイン