nozaki
国民生活よりも解散
もう気づいていると思いますが
ガソリンなどがまたいつのまにか値上がりしていますね
産出国の価格調整の出し惜しみ政策の為原油が高いのか?

でも思いませんか、値上げのタイミングだけはタイムリーだと

だいたい輸入時期によって色が違うわけでもないガソリンは
今給油しているこれがいつ輸入された物かはだれも判断できない

あれだけ「わーわー」言って円が強くなり(ドルが弱くなったのだが)
「1ドル100円を切ったらやっていけない」と言っていたものの今や95円あたり
この激しい円高によってガソリンが値下がったとニュースでも取り上げたが
(でもその前は上がる・上がる・上がる、ばかりだった)

いまでも100+α円というまでドルが戻していないというのに
なぜガソリンだけが高く戻るのか、野菜やお肉や衣料品までも安いのに

それも高校野球の盗塁のようにするするとリードを広げいつの間にやらという様に
もちろん高校野球のほうはフェアープレーであるけれど

しかしここで待てよと
私的にはこれが取られる様になってからはとんと縁遠くなった海外旅行

航空各社の加盟団体の発表は「一部を除き7月からサーチャージ廃止もしくは0円」
と謳っているではないか、これだって原油から出来ているのではないのか航空燃料

何かといつだって便乗・・・が多い日本のこと
ガソリンに関しても何か便乗できることがあったのか?それとも本当に高い何かか?

もしかしてあの1ドル120円を超えていた時の輸入品を今売っているとか??
どこまでも私にはわからない事だらけ

だからと言って勉強もせず表示された金額を払い続ける
賛成の意思表示も無ければ反対の意思表示もしない日本人

昔見た外国ドラマではプラカードを掲げ反対する企業の前やお店の前、役所の前を
ぐるぐると回り抗議行動する姿があったものだ

この一般市民(国民)の関心の無さが『天下り天国』を作っているのか
この事は反省しなくては。

ガソリンが売れればガソリン税が入る、ガソリン税は一定値ではなく一定率
売値が上がれば増収だから行政は何も言わないのか
燃料費が上がれば流通の商品全てに反映していき国民生活が・・と考えぬか

高速道路土日祝日割引の1000円でガソリンが売れて品薄なのか
どこまでも何もわからない

報道各社やテレビ局は、やりもしない解散のためにだらだらと同じ報道を繰り返し
政治家といっしょになって右往左往するばかり
(やるかやるかでもう何ヶ月過ぎたか冷静に考えてみてはどうか)
総理のブレはさておいて、このような国民の関心事に時間を割いてみてはどうだろう
バッグシリーズ
フィレンツェの老舗
チェレリーニ社製のバッグ
こんなにすぼまっていては
取り出し物が・・・とご心配?
ご安心下さい、
大きく開き・・・・と一度
実物をご覧下さい。
閉じる