nozaki
バッグシリーズ
ぺしゃんこでイカのようですが
水に強く丈夫です
  実は下の物の色違い
やはりミツバチの話をしないと
この夏の時期、楽しみは果物ですね
甘いスイカはあたりましたか?

もう山梨のさくらんぼは遅く、山形を飛び北海道辺りまでのぼってしまった

このさくらんぼの山梨での収穫量が昨年の半分なのだとか
その原因はミツバチ

ミツバチと言えば、「あーっハチミツ」と思われがちですけれど
農家の作る果物にはミツバチが欠かせない、、、そう『受粉』です
ミツバチは大切な働き手なのです

先頃、静岡県のイチゴ農家が3ヶ月も早く養蜂家と今年の予約をしたと

なんでも昨年は奪い合いになって1割がミツバチを頼めなかった
このため他の蜂で試してみたのであるが、受粉にムラがあり
ミツバチの様にはいかなかったと言うのがその理由

虫に頼っているのです、人間様は
その偉そうな人間様ですがもう一つ頭を下げなくてはいけない
イカに

イカなんか、そんなに食べない、讃岐うどんのゲソ天みたいに

いえ、直接食べるだけではなくて・・・
実はイカの成長は早く良いえさなのですと、いろいろな魚がこれを食べている

ですから一説にはイカがいなくなると、魚がいなくなると言うらしいのです

人間は自分達だけ威張って、自分達だけで生きているかのようですけれど
虫に助けられたり、イカに助けられたりしているのです

そして人は人にも助けられているのです
この事を忘れてはいけない

宇宙には行った事はありませんが地球は宇宙から見ると綺麗な星だそうで
その中にいる生物はみんなで助け合って生きているのです

マンモスが死に、恐竜が死に、今また絶滅危惧種が増えている
最近の原因は人間、という事が多い
ここらで見直さないといけない、居なくなっていい者なんていない、微生物までも

元来ミツバチは自然界にいて、その恩恵を受けて果物やら野菜やらを頂いていたのが
ミツバチを集めて受粉させ大量生産をと

アメリカのアーモンド畑を受粉するミツバチはその広大な広さゆえ
アーモンドの花粉とアーモンドの蜜ばかりで偏食とストレスとが
ミツバチの異変の原因ではと言われる

勉強・勉強で囲われて、やっと世に出て殺人やら自殺やらをする人間様が
なにやら似ていないかと思えてしまうのは私だけか
人間達の便利さを我慢し、虫達や魚達、自分達への環境を真剣に考えなければ
閉じる