nozaki
年齢ごとの遊び
*クリックで拡大画像をご覧いただけます
恐れていたことが起こった
上半期の大麻の摘発件数が1446人と発表された、過去最高だとか
そしてそれも氷山の一角だと

子どもの塾依存も当たり前となり、学校が終ると夜遅くまで塾で過す
もっともこれは学校も「塾で補わないと」と、親も「世間並みに塾ぐらいは」の結果

以前から、「その歳相応の遊びをしておかないと、いい年をして砂遊びは出来ない」
「子どもの遊びの中から世間のルールを学び、良い事といけない事の判断を身につける」
と言ってきたのだが教育産業の術中にはまり

その結果、塾通いも終わりさあ遊べるという時にはもうリッパな大人になってしまっている
その大人の遊びの一つがこの大麻や麻薬なのか

大学生がアパートで栽培をする、きゅうりやナスにしておけよと言いたい
主婦が路地裏で覚醒剤などを買い求める、顔なじみの売人などではなく
リヤカーを曳いて売りに来るおばちゃんのナスやキュウリにしておけと

なにか良いらしいで始めるのか、断ると『まじめェ〜』と冷やかされるのを嫌うのか
そのノリは自分がいじめられない為に加担する学校内のいじめそのもののようだ

確かに悪いのは一部なのかも知れない、しかし大人になっての
「人に薦められて」は通用しない

オランダでは大麻は合法だという、もっと酷い麻薬に染まらせないようにするためなのだと
きっとオランダ人はこの国の人より『大人』で、きっと人のせいにはしないのだろう
度が進んでいけば『果ては廃人』も承知のうえと

だからといって『みんなで渡れば怖くない』の人達には合わないルールである
間違えてはいけない、人は助けてくれない

付き合いやダイエットの為、人に迷惑をかけていないなどといっても違法は違法

この大麻の件をみると、なるべくしてなったと思う
大麻の種を眺めるだけの『観賞用』として誰が買うだろう、おかしくはないか
このネット販売が禁止できないようでは、これが取り締まれないのでは

今やベランダでの栽培だけではない、公園や山の畑などという状況

前にも述べたが、その後どうなるをしっかり周知しなくては
やってはダメ、買ってはダメとダメダメばかりでは、良い良い良いに負けてしまう

今の若者を含めた人々は『損得勘定』には長けたはず
廃人同様の姿、震える指先の麻薬中毒者を見せ、これがカッコイイかを世に問えばどうか

草食だどうだと言っている割には性犯罪も増加傾向
そんな事と麻薬の快感とが結びつけば、マフィアなどの思う壺、そうではないか

人と犬とをいっしょにするのはどうかと言われるかもしれないが、あえて言わせてもらうと
盲導犬の子どもの間は多いに遊ばせる、人がいっしょに楽しく遊んでくれる
よい事をすれば思い切り褒めてくれる。その喜びであの仕事に一生就いていけるのだと
社会も含めた人の子どもの間の育て方が違っていないか、と思うのは私だけか
コインケース付き折りたたみ札入れ
クチャクチャになるコインケースと
お札入れの組み合わせも良いですが
これはコインケースが付いたタイプ
閉じる