nozaki
弱い心
心もとない人の手によって岡山県の国宝に指定されている閑谷学校の講堂の
その床に『たくま』と読み取れる落書きが見つかった

昔から見られるこの『落書き』とはいったい何なのだろう

そういえば岐阜の女子大生がイタリア旅行で落書きをして、後に謝罪に行った
イタリアではその謝罪に対して関心が集まったとの事

周り全てが歴史的建物の中で暮らす彼らにとって、生まれた時から触れているもの
そして落書きも多くその犯人?は世界中の人々もちろんイタリア人も例外ではなく

ですからイタリア人は遠い異国の日本人の謝罪に驚いたのだと

たまたま日本語であったため日本人の仕業と解ったのだろうが
日本中の神社仏閣や公共のトイレはその日本語の落書きだらけ

この中の「これを私が書きましたごめんなさい」
とは言わないだろう、と言う事なのか

それにしてもこの落書きは自己顕示欲の表れなのか
それにしてはどこの誰かも解らぬ様な中途半端な表現法
まあこの中途半端な人間がする、が答えか

大都会に多い大きなビル、床は石張りでピカピカしている
清掃係の人が定期的に掃除していてゴミ一つ落ちていない
ここにゴミを捨てることはなかなか出来ない

時折見かけるが
どこで買ったのか缶ジュース缶コーヒーを持った人
始めはきょろきょろゴミ箱を探す、ゴミ一つ落ちていない所では
しかし隅っこにひっそり置かれた空き缶を見つけるとほっとした様にこっそりと
その横に並べるように置いて行く、いや捨ててゆく

だから1つをゆるさね様に清掃係が「きれい」を守る

自分だけではない、が安心感なのか
先ほどの落書きも自己顕示欲などと言うより、『自分だけではない』なのか
もう来ない、も手伝っているのかも知れない
毎日通る所などでは、心が成長したとき見るたび辛い

『赤信号みんなで渡れば怖くない』実に良く考えられた標語で、これなのか

タバコの投げ捨ては当世の禁煙風潮を反映し『カッコ悪い』が定着、大人だから?
同じように、落書きするような心の持ち主は『カッコ悪い』が定着するのか
落書きは子供の心の行動で、老人の落書きなどは聞いたことはないのだけれど

心の問題は一生付いて回るのだけれど
最近大人(にわか大人も含め)の問題に大麻など薬物が一般化している事がある
こちらの方が本当の問題でないかと日本中に広がる大麻事件を見て思う
結局最後は自分の心の問題なのだと思うが、最初は『落書きと同じ』では
次の段階の覚醒剤を売る組織の営業戦略にまんまと乗っかってしまうのだが

閉じる
秋晴れ
心もこんな風にスカッと
秋の大型連休はどちらまで?