nozaki
春を待つ
先日からそうなのですが、ある所へ来て信号待ちをしていますと
寒そうな風に乗り綿のような物が飛んでいるのです

よく見てみるとそれは何かの種を運んでいるようなのです
タンポポのあれとは違うのですがあの様な感じの

今の風の強い時に、その草?花?木?を離れいろんな所へ、遠くへ飛んで行って
地面に下り、春になったら芽吹くための

こんな寒いときから次の事を考え行動するようにDNAに仕組まれているのだと
(植物にもDNAありますよね?)

なんか冬は悪者みたいで、みんな暖かくなる春を待っている

そういえば新年の年賀状や張り出される挨拶物も『迎春』ではないか
冬の真っ只中なのに

きっと農耕民族のこの国は作物の出来を中心に回っていて
春の作付け(種まき)、夏の成長、秋の収穫と
いろんな形で祝ってきていて

その第一歩が春だからなのか

もちろん冬の作物もあるのだけれど

今年の冬は暖冬との予報を裏切り寒い日々が続いている
寒くなればなるほど暖かな春を夢見てしまうものだろう

冬の魚は美味しくて、脂ののる肉も美味しくて、寒い中漬け込まれた漬物も美味しくて
と冬の楽しみもたくさんあるのだけれど、と思いながらも

閉じる