nozaki
寒さには勝てない?
2月もあと1週間という今日、西の方から暖かさがやって来るという
暖冬といわれたこの冬もふたを開ければ結構記録尽くめの寒い冬だった

新潟では初雪もこんなに早くと言う頃降りその後の積雪もけっこうな物だった
他の地でも雪で車が立ち往生して道に置いて非難したというニュースもあった

つい先日も関東地方で雪の日が続き、やっぱり東京は2月の中旬に雪が降るを
今年も裏切らなかった

アメリカ・ニューヨークでも雪は物凄く完全に都市機能を麻痺させられた

しかしその一方、4年に1度の冬の祭典『バンクーバーオリンピック』は雪不足のため
近くから雪を集めての競技の開催と『あの雪多いウィスラーか?』と驚かされた
(そのオリンピックも残すところ1週間)

北極の寒気の南下具合の変化が引き起こしたバンクーバーの雪不足とニューヨークの大雪
やはり温暖化の影響なのかと感ぜずにはいられない

ずいぶん前、我々にも地球温暖化が紹介され始めた頃 スキー場にいた
国連の環境の関係だったか、どこかの研究所の報告だったか
50年後に出来なくなるスポーツがあると言う

その施設は『スキー場』だった、スイス・アルプスの雪が消えると

今回のウィスラーでの出来事はその事を蘇らせた
とんでもない所に雪が降り寒く、待ち構えている所に雪は降らない
毎年そうこうしながら雪国と言う観念は無くなっていくのだろうか

何万年も前からの氷河を人間のわずかな年数の文明が消し去ってしまっても良いものなのか


ちょうど今、路地の梅は満開を迎えている、しばし楽しみたいものだ
しかしこの梅の下でお弁当を広げ『お花見』をする人はいない
1月中旬くらいから各地で開かれている盆梅展も屋内であっても暖房もなく寒い中で観るもので
梅見は寒い、が一般的

だから 何か町おこしを では『桜』はあっても『梅』はない

可憐な花で、実まで付け、梅干・梅酒・さとう梅と1年以上楽しめるものの
寒くてこの下では宴会は出来ないという理由だけでか?

まあ、通りを行きかう人を見ても 少し暖かくならないと誰も通らないから仕方ないか

しかし寒ければ、オシャレなコートや暖かなマフラー、素敵な手袋で体だけでなく
心も温かくできるのに、「着飾る」ができるのにと

逆に夏が暑くなったからとジャケットを脱ぎ薄着になって、Tシャツ短パンになり
まだ暑いからと次々脱いでいっては・・・・「ピピーッ」
捕まってしまうではないか

お正月は梅見、梅の下で場所取りや宴会が行われない冬らしい寒さが続く事を願って

閉じる