nozaki
季節感
「コンコンチキチ、コンチキチ」
もうそんな時期かと思われる方も多いはず

今年の梅雨はなかなか始らず
梅雨入りとなるや九州など大雨続きで災害も出る始末
自然の前に人は勝てない

そう言えばこの「まだかまだか」は同じように数ヶ月前にもあった
なかなか暖かくならず「冬が終れば夏」とまで言われた
それほど「春入り」は遅かった、そして「梅雨入り」も

なんか変だなと思うのは私だけではないはず
ある研究所の話によるとこれから温暖化の影響で梅雨は8月まで続く年がやって来ると言う

自然の力に勝てない人類ではあるが
その自然の摂理の根幹を揺るがす事をコツコツとずいぶん前から行ってきた

景気や金儲けを優先して
氷河の後退などから地球温暖化を指摘してきた自然学者や科学者などの話に蓋をして

そしてその事はまたまた繰り返される、先進国だ、後進国だなどと

このまま行くと国が海中に没する国がある
それが中国やアメリカ、ロシアだったら、こんな悠長なことはしていないだろう

冬となれば雪が降り、春には桜が咲き、夏には祇園祭や海水浴、秋は紅葉を見美味しいものを
などと季節感を感じ1年を過してきた

この国も雨の多い雨季と黄砂降る乾季の2つに分けられてしまうのだろうか

行かないまでも京都の祇園祭に夏を感じるように全国にいろいろな季節を感じる行事がある
今食物は知恵と努力で季節感を失くしてしまった

えっもうスイカ?などと肌寒い時期に食べる高級スイカよりも
縁側に座ってぷっぷっと種を飛ばしながら食べる旬の時期のスイカの方が
もうやっぱりスイカだねと感じさせてくれる

企業の流出に観光大国を目指すこの国にとって、その土地のいろいろな季節行事が
中国人観光客を呼び込む起爆剤になってくれるか

昔いろいろな旗を先頭に駆け足で世界を回った旅行者は
これからゆっくりとした日本情緒を味わってもらうことを提案できるだろうか

今日は京都祇園祭のハイライト『山鉾巡行』が行われている
来年はあの観衆の中にどれほどの外国語を聞けるのだろうか
まだもう少しはあるであろう四季の季節感に浸りながら

閉じる